歌舞伎町探偵事務所

情報収集

探偵事務所の基本的な業務のひとつ、行動調査は当事務所でも扱っております。

探偵はターゲットとなる人物の所在または行動を把握するために尾行や張り込み、聞き込みなどを行います。例えば浮気調査などもこの行動調査に分類されます。

調査をする目的は人により様々です。

■浮気をしているか確かめたい。

■勤務先が知りたい。

■お金を貸した人の家が知りたい。

このようにこれらすべて行動調査に分類されますが、目的は全く違います。とくに多いものが浮気をしているかどうかを調べる一般的にいわれる浮気調査です。どの探偵社もこの業務を主におこなっており、当事務所でも対応しております。ただ浮気をしているかどうかを調べるとしても最終的な目的に違いがあります。

■慰謝料目的のための証拠収集。

■離婚を目的としたもの。

■浮気相手と別れさせたい。

■夫婦をやり直すために。

このように証拠を集めるとしても最終的な目的は違います。目的が違うのであれば収集方法も変わります。基本的にはターゲットとなる人物を張り込みや尾行をしながら行動を調べる形となりますが、当事務所ではそれだけでは終わりません。例えば浮気相手と別れさせたいのであれば証拠を押さえたとしても意味が余りありません。証拠をもとに無理に関係を割こうとすれば夫婦の関係も悪くなってしまうでしょう。つまり証拠収集はあくまでも別れさせる目的の中で得られるものであり、それを取得するのが主な業務というわけではないのです。

浮気調査

パートナーの浮気に気づくケースは最近携帯のメールを見た、SNSのやり取りを見たなどインターネットなどに関するものが多いようです。しかしこの場合、浮気をしているのはわかっても相手が誰なのかわからない。また決定的な証拠がないため断定ができないという方も多いと思います。証拠がないと逆ギレされたときに反論ができない。結果的に泣き寝入りをするしかなくなってしまうのです。また慰謝料請求をしたいと思っても、相手の身元が分からなければ何もできません。そのため最低限「証拠」と「情報」は押さえておくべきでしょう。

しかし証拠があったとしても最終的な目的が浮気相手との関係を断ちたいというものであれば使い方を間違えると最悪な事態になってしまいます。つまり慰謝料請求など清算目的でないのであれば、証拠集めよりも優先しなければならないものがあります。

このように最終的な目的で変わるため、ただ調査だけをするのではなく案件に適したプランを考えていかなければならないのです。

聞き込み

情報収集は尾行や張り込み、文献資料等の収集だけではありません。聞き込みという方法も一つの情報収集です。聞き込みという手法は大きく分けて二通りあります。

■ターゲットに直接聞きこむ

■周りの人に聞きこむ

一般的には後者のほうが多いのですが、具体的なことが知りたいというのであれば本人から聞き出す形となるでしょう。しかしこの聞き出し方というのが重要なのです。直接聞きだしたい理由を伝えれば、それは真実を話さないでしょう。また全く面識がない状態では話してもくれません。適度な距離感と聞き出すためのアプローチが重要となるのです。当事務所では過去数々の案件をこなし培った技術を用いて聞きたい情報を聞き出していきます。

素行調査

ターゲットとなる人物の素行を調べる探偵業の基本となる業務です。行動を監視し、同人物の普段の行動を監視します。社員の素行から友人や交際相手など様々な場面で使います。

休日の動きを見たいというケースであれば自宅から開始して終日動きを見る形で、仕事終わりを見たいのであれば退社前に勤務先より開始し自宅に帰るまでの動きを見ます。このように欲しい情報によって進め方がかわります。

データリサーチ

文献資料、またインターネット上の情報を収集しそれをもとに調べていくものがデータリサーチやデータ調査というものになります。最近ではFacebookなどのSNSが流行り、そこで情報を公開しているケースがあります。また職業柄ブログを作っているという方もいらっしゃいます。一見何の変哲もない写真でも、当事務所の調査員が確認することで情報が引き出せるケースもあるのです。些細な情報から特定や情報収集を行う場合はデータ調査という形をとります。

Copyright © 2004-2017 歌舞伎町探偵事務所 All Rights Reserved.